設計すること 博士に愛した・・・・・・   

私たちが設計する際には CAD、イラストを使用することが最近では
ほとんどです。
その操作項目には 直線、折れ線、曲線、四角、円・・・・・・など

線を描くためのツールがいろいろとあります。
無限に表現できるのですが 設計は有限なのです
どこかで線が止まり完結するように考えます。

一昨日TVで”博士の愛した数式”の映画の中で
直線は”無限”と博士の話が出てきたときに 今まで
そのように考えてことが無かった 自分に 気づきました。

2点を結ぶことからいつも設計しているのですが無限にA点からB点を追い求める
事ができる。 すごいな・・・・なんて思いつつ 鑑賞していました。


数学(建築は)は数字(線)で考えるのではなく
”こころ”で考える!!

そんな建築家を目差して!!
[PR]

by atelierk3 | 2007-05-21 08:24 | 建築

<< うるるん・・・・・ベルベル人 鹿児島のしろくま >>